Kibelaのユーザーはすべての公開グループにアクセスできますが、「ゲスト」という機能でそれを制限することが可能です。業務委託やアルバイト、インターンなどのためKibelaへのアクセスを限定的に開放したいというケースを想定しています。

ゲストは一般ユーザーと異なり、所属しているグループとその関連情報のみが見える状態になります。

アクセス制限されるリソース

次のリソースへのアクセスや操作は、ゲストの所属するグループに関連するもののみ可能です。

  • グループそれ自体の情報(名前や説明など)
  • 記事
  • テンプレート

また次のリソースのアクセスや操作は、ゲストの所属グループにかかわらず許可されません。

  • 記事の外部共有(有効化 / 無効化)
  • Webhook

アクセス制限されないリソース

次のリソースは、ゲストであっても制限なくアクセス可能です。ただし、添付ファイルのURLは、予測できないIDが入るため、URLを知らなければアクセスは困難です。

  • ユーザーの情報(名前やプロフィールなど)
  • フォルダ
  • 添付ファイル

運用について

ゲストの招待や、既存ユーザーのゲストへの変更は、管理者またはオーナーが「メンバー管理」ページから行うことが可能です。

ゲストの所属グループは「グループ」ページで設定することが可能です。また、ゲストの所属グループの確認は、該当ゲストのプロフィールページから行えます。

なお、ユーザーをゲストとして招待する、あるいは役割をゲストに変更すると、グループへの所属が一度すべて解除されます。

プラン・料金

ゲストはどのプランでも利用でき、「1ユーザー」としてカウントされます。フリープランの場合は人数制限の対象として数えられ、スタンダードプランの場合は、Kibelaへのアクセスがあれば1ユーザー分の料金が発生します。

Did this answer your question?