テンプレートの利用シーン

日報や議事録などのフォーマットが決まっていて定期的に投稿する記事は、テンプレートを作成しておくことで毎回の入力作業を簡単にできます。

テンプレートはチームの共有物ですので、チーム独自の日報や議事録のフォーマットをテンプレート化しておくことで、チームみんなのルーチン作業を減らすことができます。

テンプレートを新しく作る

  1. メニュー内の"設定"をクリックし設定画面を開きます

2. 設定画面より"テンプレート管理"を選択し、右上の"テンプレートを追加"をクリックします

3. テンプレート作成画面が開きます。カテゴリやタイトル、本文などテンプレートとする定型文を入力しましょう。なお、後述するテンプレート変数を使うことができます。

4. 最後にテンプレートの名前をつけ、"作成"を押すと完成kです。テンプレートはチーム全員の共有物です。分かりやすい名前をつけてみましょう。

5. 作成が完了すると、テンプレート管理画面に表示されます。テンプレートの編集や削除もここから行います。

テンプレートを使って記事を書く

つぎに先程作成したテンプレートを使って、記事を書いてみましょう。

  1. "記事を書く"ボタンのメニューから使いたいテンプレートを選択する

2. テンプレート作成時に記入した定型文が挿入された状態で記事を書き始めることができます。テンプレートを埋めて記事を投稿しましょう。 

テンプレート変数ついて

テンプレートを作成する際に、以下のようなテンプレート変数をご利用いただけます。テンプレート変数を使うことで、テンプレートから記事を作成した際に、日付や名前などが自動で埋め込まれるようになります。

%{year} 

記事を書いた年が埋め込まれます (例: 2018)

%{month}

記事を書いた月が埋め込まれます (例: 11)

%{day}

記事を書いた日が埋め込まれます (例: 13)

%{me}

記事を書いた人の名前が埋め込まれます (例: kibe-san)

注意点

テンプレート変数は、記事のフォルダとタイトルのみにご利用いただけます。本文中ではご利用いただけませんので、ご注意ください。

Did this answer your question?