Kibelaに新規に記事が投稿されたり記事にコメントがついた際に、Slack等のチャットツールをはじめとする外部のサービスに通知することができます。

Slackに通知する方法

  1. ヘッダー内のユーザーアイコンから、"設定"をクリック
  2. 左メニューの"Webhooks"をクリック
  3. "Webhookを追加"メニュー内の"Slack"をクリック

Slackへの通知に関する設定画面が表示されます。

Webhook一覧での表示名

通知の設定は複数行うことができますので、一覧で見たときにわかりやすい名前をつけてください。

URL

Slackの設定で発行することができる、通知用のURLです。URLの発行方法等につきましては、Slackのこちらのヘルプをご確認ください。

https://get.slack.help/hc/ja/articles/115005265063-Slack-でのIncoming-Webhook-の利用

記事の編集権限

すべての記事、記事作成者のみが編集可能な記事、チーム全員が編集可能な記事の種類によって通知の有無を設定することができます。

グループ

すべての公開グループや、特定のグループに投稿された記事等、記事の投稿先によって通知の有無を設定することができます。

例えばAグループに投稿された記事を通知はSlackの特定のチャンネルに通知し、別の通知を作成しBグループに投稿された記事はSlackの別のチャンネルに通知するような設定を行うことが可能です。

その他

「記事を投稿したとき」「記事を更新したとき」「コメントを投稿したとき」の通知の有無を設定することができます。

最後に「テスト送信」をクリックすると、その設定で通知が行われるかテストが行われ、テストが成功すると「追加する」をクリックできるようになり、追加すると設定が完了します。

Slack以外に通知する方法

Outgoing Webhookという仕組みを使うと、記事の投稿やコメントがあったことを外部のサービスに追加することができます。

現状では通知先としてSlackのみ簡単に設定できるようにしていますが、今後その他のサービスへの対応も進めてまいります。

Did this answer your question?